テーマ:ごみ一般

柳泉園組合における水銀汚染事故について レジュメ   2015年10月22日

柳泉園組合における水銀汚染事故について レジュメ   2015年10月22日 NPO法人ごみ問題5市連絡会  青木泰 ごみ清掃工場で水銀有毒ガスを周辺住宅地に放出!焼却炉の停止や住民への通報も後回し。―国際水銀条約「水銀に関する水俣条約」の締結国とし、批准を進める環境行政の建前と違いすぎる実態ー旧態依然の原因隠しと責任逃れ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳泉園組合管理者様 水銀汚染事故問題についての質問&要望書

柳泉園組合管理者様 水銀汚染事故問題についての質問&要望書             9月1日に貴柳泉園組合において、水銀の汚染事故が発生しました。清掃工場の煙突から放出された水銀量は、水銀測定器でヨーロッパにおける規制基準(0.05mg/Nm3/h)の約3倍である0.14mg/Nm3/hでした。 この事故が起き、水銀検出器で異常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼却しない廃棄物処理の流れと生ごみの資源化

=石原産業に見る焼却しない廃棄物処理の流れと生ごみ資源化= お世話様です。昨日16日、所沢の下富にある石坂産業の 資源化の取り組みを、「輪の会」の呼びかけで見学してきました。 元々石坂産業は、下富の雑木林の中で産廃焼却を行い、ダイオキシン問題で批判を受けた産廃業者の1つでした。娘の典子さんが、社長になるにあたって、焼却しないで減容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―柳泉園組合 がれき受け入れ説明会―  受け入れ自治体の「説明できない」右往左往

 ―柳泉園組合 がれき受け入れ説明会―  受け入れ自治体の「説明できない」右往左往          20120420 環境ジャーナリスト 青木泰  4月5日(木、)東京都三多摩地区にある柳泉園組合(西東京市、東久留米市、清瀬市を構成市とする一般廃棄物の中間処理施設を持つ一部事務組合)において、宮城県女川町のがれき受け入れについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境省放射能汚染廃棄物の焼却方針と専門家の役割 /環境ジャーナリスト 青木 泰

廃棄物資源循環学会研究発表会-特別講演会(20111104)にみる 環境省放射能汚染廃棄物の焼却方針と専門家の役割          2011年11月7日 環境ジャーナリスト 青木泰              <はじめに> 第22回廃棄物資源循環学会研究発表会が、11月3日から5日までの3日間の日程で東京の東洋大学の白山第2キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染災害廃棄物の焼却/青木 泰

放射能汚染災害廃棄物の焼却 ―放射性物質を拡散する世界の禁じて― 新高速鉄道の事故で、車両に土砂をかぶせ、事故隠しに走った中国政府。 この対応に唖然とし、批判の声を上げた日本の国民に対し、中国からは日本の政府の福島原発への対応を批判する声が上がっている。 確かにどちらの政府とも、国民の生命を第一に考えず、2度と同じ過ちを繰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―東京23区廃プラ焼却に見るー温暖化対策の聖域―埋め立て処分場の実態

報告 環境ジャーナリスト  青木 泰  2008年、東京23区は、これまで不燃ごみとして埋め立て処理してきたプラスチックごみ(廃プラ)の焼却を始めた。  その根拠として掲げられたのは、廃プラ焼却で処分場の延命化を計るという事であった。折りしも福田内閣が、洞爺湖サミットで2050年までにCO2を半減すると打ち出す中での事であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

循環型社会形成のエース「容リ法」はどうなっているのか?

環境ジャーナリスト 青木 泰  調査の結果容リ法は、瀕死の状態であることが分かった。ここまで環境省は、なぜ放置してきたのか。ごみ焼却にのみ心を奪われ、手当てを怠ってきたと言われても仕方がない。 容リ法による仕組みとこれまでの論議  容リ法での仕組みは、別途(図表7)記載の通りであるが、1995年に施行された後、対象品目が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大新聞のおかしさー政治報道だけではない 巨大5社による焼却炉談合―最高裁確定に沈黙

100922 ごみ環境ジャーナリスト 青木泰   巨大新聞の偏向報道は、単に小沢報道等の政治報道だけでなく、社会問題でも、巨悪を監視すると言う点で、社会の公器としての役割を果たしていない。  昨年末日本最大の談合事件-焼却炉談合事件に最高裁が「黒」の判断を示した。公正取引委員会が訴えてから11年かかっていた。訴えられた談合5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more