テーマ:廃プラ・リサイクル

ごみ問題5市連絡会とは?

東京都北多摩にある4市(東久留米市、田無市、保谷市、清瀬市)のごみを焼却処理する柳泉園組合の焼却の 建て替え計画をきっかけに、ごみを出す側の4市の市民とごみ焼却炉によって影響を受ける東村山の市民が連絡会をつくりました。   ここに東久留米・田無・保谷・清瀬・東村山の5市による「ごみ問題5市連絡会」が発足したのです。   ごみの焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

循環型社会形成のエース「容リ法」はどうなっているのか?

環境ジャーナリスト 青木 泰  調査の結果容リ法は、瀕死の状態であることが分かった。ここまで環境省は、なぜ放置してきたのか。ごみ焼却にのみ心を奪われ、手当てを怠ってきたと言われても仕方がない。 容リ法による仕組みとこれまでの論議  容リ法での仕組みは、別途(図表7)記載の通りであるが、1995年に施行された後、対象品目が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年7月24日 朝日新聞オピニオン 天下の暴論「プラスチックごみはもっと燃やせ」批判

環境ジャーナリスト 青木泰 1)はじめに  表題の「プラスチックごみはもっと燃やせ」と題するインタビュー記事が、朝日新聞の2010年7月24日(土)のオピニオンー異議ありーに掲載され、中央環境審議会の田中勝廃棄物・リサイクル部会長の主張が紹介されている。  ブラックユーモア的な斜めに構えた内容かと思ったが、冗談の欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more