テーマ:有害廃棄物

151203 ー国際水銀条約批准の建前と実態ー 都内ごみ清掃工場から周辺住宅地に 水銀有毒ガスが放出

PDFをダウンロード http://yahoo.jp/box/OFJ4DH 東京三多摩地区にあるごみの中間処理組合である柳泉園組合での水銀汚染事故は、 改めてごみ焼却によって有害汚染物が周辺環境中に放出されていた事態を明らかにしました。 先のお知らせしましたようにこの問題は「紙の爆弾」12月号(11月7日発売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原因究明のための第3者調査組織の設置」と「土壌調査」 の2件の陳情採択さる!!

柳泉園組合12月議会(2015年11月24日)報告 「原因究明のための第3者調査組織の設置」と「土壌調査」 の2件の陳情採択さる!!          20151126  NPO法人ごみ問題5市連絡会 青木泰 11月24日、柳泉園組合の12月議会が開かれ、9月1日の水銀汚染事故の問題がはじめて議会で討論さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳泉園組合・水銀汚染事故 質問書&要望書の提出報告

柳泉園組合・水銀汚染事故 質問書&要望書の提出報告    2015年11月14日 NPO法人ごみ問題5市連絡会  青木泰 柳泉園組合への「質問&要望書」の提出を11月10日予定通りに行いました。提出は、グリーンランド自治会長や工業団地・恩親会の環境担当、西東京市森てるお市議や清瀬市布施由女市議他構成3市市民、東村山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳泉園組合における水銀汚染事故について レジュメ   2015年10月22日

柳泉園組合における水銀汚染事故について レジュメ   2015年10月22日 NPO法人ごみ問題5市連絡会  青木泰 ごみ清掃工場で水銀有毒ガスを周辺住宅地に放出!焼却炉の停止や住民への通報も後回し。―国際水銀条約「水銀に関する水俣条約」の締結国とし、批准を進める環境行政の建前と違いすぎる実態ー旧態依然の原因隠しと責任逃れ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳泉園組合管理者様 水銀汚染事故問題についての質問&要望書

柳泉園組合管理者様 水銀汚染事故問題についての質問&要望書             9月1日に貴柳泉園組合において、水銀の汚染事故が発生しました。清掃工場の煙突から放出された水銀量は、水銀測定器でヨーロッパにおける規制基準(0.05mg/Nm3/h)の約3倍である0.14mg/Nm3/hでした。 この事故が起き、水銀検出器で異常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡提訴と安倍が守ろうとするもの 2015年5月15日  環境ジャーナリスト 青木泰

高岡提訴と安倍が守ろうとするもの                   2015年5月15日  環境ジャーナリスト 青木泰 < 前置き >  安保法制関連の法案が、昨日5月14日に閣議決定され、今国会に提出される。丁度その前々日高岡で住民訴訟の提訴が行なわれました。安倍内閣による法案提出の説明は、反安保の世論の中で米国との同盟関係を結んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6・20講演シンポジウム ― 高まる資金流用への批判― 復興資金を被災地、被災者に戻せ!―

6・20講演シンポジウム ― 高まる資金流用への批判― 復興資金を被災地、被災者に戻せ!―        被災地や被災者への支援復興のために予算立てされた復興資金が、全国の市町村の清掃工場のごみ焼却炉などの建設補助金として使われています。 本年5月12日、富山県高岡地区広域圏事務組合でも、71億円の補助金を戻すことを求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「引き裂かれた『絆』―がれきトリック、環境省との攻防1000日」 発刊

お世話様です。下記「引き裂かれた『絆』―がれきトリック、環境省との攻防1000日」が、本日 全国書店で販売されます。ご案内いたします。(拡散歓迎) 【注文票はこちら】 3月11日で、東日本大震災ー原発事故後、4年になります。どの大手メディアも一斉に、被災地に目を向け、 被災地の復興の遅れ、被災者の生活や、避難者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「140121 岩手県 原告第2準備書面 提出版

平成25年(行ウ)第3号 違法公金支出返還等請求事件 原告第2準備書面               平成26年1月24日 盛岡地方裁判所      御中                 原告       舘澤みゆき                  〒                 原告       古舘和子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014.01.10 質問主意書 鮫川村での指定廃棄物の爆発事故の件について

質問主意書 鮫川村での指定廃棄物の爆発事故の件について。 福島県東白川郡鮫川村で昨年来行われてきた指定廃棄物である農林系副産物の仮設焼却炉による減容化実証事業の件と、環境省が進めている指定廃棄物の処理について、以下の通り質問する。労働安全衛生法、電磁放射線防止規則に関連した点については、厚生労働省に質問する。 なお指定廃棄物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

131211 岩手県 原告第1準備書面 提出版

平成25年(行ウ)第3号 違法公金支出返還等請求事件 原告第1準備書面               平成25年12月13日 盛岡地方裁判所      御中                 原告       舘澤みゆき                  〒                 原告       古舘和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年9月25日 がれき広域化の闘いから見えたもの(Ⅰ) : IWJメルマガ

IWJメルマガ がれき広域化の闘いから見えたもの(Ⅰ)   破綻したがれき広域化と復興資金の流用     2013年9月25日 環境ジャーナリスト 青木泰 <概要> 今年7月17日、H25年度も広域化は必要だと、受け入れ表明してきた大阪、富山などが前倒しして、終息することが発表された。富山は7月末に終了し、大阪は8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指定廃棄物を焼却する実証事業―鮫川村で爆発事故 2013年9月9日 環境ジャーナリスト 青木泰 

 指定廃棄物を焼却する実証事業―鮫川村で爆発事故  「爆発」事故を隠す環境省に抗議を         2013年9月9日  環境ジャーナリスト 青木泰   8月29日、環境省の管轄・責任の下で進められている指定廃棄物の焼却による福島県東白川郡鮫川村にある実証事業の最中、爆発事故が起った。周辺の住民からは、地響きを立てた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書

がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書 PDF版             1) がれきの広域化に託けて、市町村の清掃工場の焼却施設などの廃棄物処理施設の整備事業費への補助のための循環型社会形成推進交付金が、従来の通常枠に加え、復旧・復興枠で支給されている。その狙いと理由を明らかにしていただきたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原環境大臣 責任を問われる仰天答弁 2013年6月26日  環境ジャーナリスト青木泰

復興資金の流用化に居直る   石原環境大臣 責任を問われる仰天答弁           2013年6月26日  環境ジャーナリスト青木泰    PDFは↓をクリック PDF版  がれきの広域化は、被災に2県の内、9割を占めていた宮城県発が、2012年度(2013年3月末)で終息し、岩手県発も大半が終息した。その中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130302 富山県 住民監査請求書案(提出版) doc

住民監査請求書                (富山県職員措置請求) 富山県監査委員殿 1.請求の趣旨 富山知事に対して、がれき広域処理に関する違法もしくは不当な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を差し止め、当該契約を是正することを求める。 2.請求の概要  1)富山県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130223 岩手県への住民監査請求書(案) 提出版 

住民監査請求書 岩手県監査委員殿 1.請求の趣旨 岩手県知事に対し、がれきの広域処理に関する違法な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を防止し、当該契約を是正することを求める。 2.事実経過 1)岩手県が結んだ広域化委託契約とその内容 (1)岩手県と大阪府、大阪市との広域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県住民監査請求に対する「監査結果」について   2013年2月18日 青木泰

宮城県住民監査請求に対する「監査結果」について    2013年2月18日  環境ジャーナリスト 青木泰  平成24年11月29日に行った「がれき広域処理」に関する違法で不当な契約締結と公金支出に関する「監査請求」に対する「監査結果」が、1月25日付で請求者に届けられた。(請求人は、宮城県民の高橋良・森田真実両氏)  監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130214 がれきの最終決着を目指す全国交流集会を終えて

がれきの最終決着を目指す全国交流集会は、2月12日13時から17時半まで行われ、交流会Ⅰ部(基調報告と全国からの報告)、記者会見、交流会Ⅱ(追加報告と提案、議論)を行い、メディア関係者や議会関係者を含め、全体通じて約50名弱の皆さんが参加しました。(東京新聞で報告されました。添付PDF参照) 集会は、がれきの広域化が破たんしつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―静岡集会に向けてのコメントー 「音を立てて崩れつつある広域化政策」 環境ジャーナリスト 青木泰

―静岡集会に向けてのコメントー 「音を立てて崩れつつある広域化政策」 環境ジャーナリスト 青木泰 1)がれきの全国広域化の終焉 ① 概略 がれきの全国広域化は、その9割を占めていた宮城県発が終息することが1月10日発表され、岩手県発も埼玉県への持ち込みは、昨年末終息し、静岡県への持込みも終息することになり(1月22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がれき広域化の破たんと今後の課題 2013年1月   326政府交渉ネット 青木泰

がれき広域化の破たんと今後の課題 2013年1月        326政府交渉ネット 青木泰 これまでがれき問題に係わり、昨年3月26日には、政府交渉ネットとして環境省交渉を行った。この1年を振り返り以下ご報告する。 1)史上初(!?)国の政策を破たんに追い込んだ住民活動 放射性物質に汚染された可能性の高いがれきを全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ー広域処理の妥当性と住民監査請求― 震災がれきの広域処理と自治体の責任    青木泰

ー広域処理の妥当性と住民監査請求― 震災がれきの広域処理と自治体の責任        2012年12月27日    青木泰 1. 広域処理問題における国の関与と、自治体の責任 1) 被災自治体に処理責任 震災がれき(震災廃棄物)は、廃棄物処理法上は、事業者が処理責任を負う産業廃棄物を除き、一般廃棄物として定義される。 市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民監査請求書

         住民監査請求書 宮城県監査委員殿 1.請求の趣旨 宮城県知事に対し、がれきの広域処理に関する違法な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を防止し、当該契約を是正することを求める。 2.事実経過と請求の理由 1)宮城県は、昨年7月29日に、石巻ブロック(石巻市、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の情報特版NO7 ― 見えてきたがれき広域化の違法構造 -

緑の情報特版NO7 ― 見えてきたがれき広域化の違法構造 - 100万トンの「木屑」が消えた。 2012年12月7日 環境ジャーナリスト  青木泰 PDF版はこちら PDF 100万トンもの木屑が忽然と消えてしまった。昨年9月の契約時点で、115万トンあるとされた宮城県石巻ブロックの震災がれきの中の木屑が、今年9月の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―がれきの広域化を巡る情況― 宮城県に続き岩手県も実質崩壊。

―がれきの広域化を巡る情況― 宮城県に続き岩手県も実質崩壊。           2012年9月27日 環境ジャーナリスト 青木泰   1. 工程表に示された宮城県の状況 1) 残るは、北九州市と東京都  宮城県の6~7割が、石巻ブロック(石巻市、女川町、東松島市)のがれき、東京都、北九州しは、この石巻ブロック。 *全量鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の情報特版NO5    支離滅裂!広域化政策-いよいよ最終局面に

緑の情報特版NO5    支離滅裂!広域化政策-いよいよ最終局面に    北九州市市民検討委員会  広域化調査チーム 青木泰  <法令無視も何のその>  8月31日(金)北九州市は、宮城県とがれきの受け入れについて委託契約を結んだことを記者会見した。終末の金曜日、夕方4時から行政機関として休みに入る直前である。  翌日の報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の情報特版 NO4   ―環境省の「工程表」(8月7日)を読み解くー

緑の情報特版 NO4(20120818) ―環境省の「工程表」(8月7日)を読み解くー 宮城県の2重契約(犯罪行為)に逃げ出す受け入れ自治体             市民検討委員会 調査チーム 青木泰   1. 残るは、北九州市と東京都  宮城県が被災市町村から受託していたがれきの6~7割を占めるのが石巻ブロック(石巻市、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県知事及び 宮城県議会議長への質問と通告書

   宮城県知事及び 宮城県議会議長への質問と通告書                  北九州市民検討会(広域化調査チーム)                     九州ひまわりプロジェクト                     おひさまプロジェクト                      代理人弁護士 斎 藤 利 幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2重契約問題でIWJのインタビューを受けました。

2012/08/13 18時から行われた、IWJ岩上安身による青木へのインタビューの録画をお送りします。 2重契約問題について、既存メディアの報道や掘り下げがない中で、約2時間にわたって取材を受けました。 是非ご覧ください。 IWJ CH1録画 http://www.ustream.tv/recorded…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―がれきの広域化広がる疑惑― 東京を特別扱いした宮城県の怪しい事情 青木泰

―がれきの広域化広がる疑惑―   2012年7月5日   東京を特別扱いした宮城県の怪しい事情     環境ジャーナリスト    青木泰 1) 民間ベースの処理に、東京は何故チョッカイが可能だったのか? 東京都が広域化で動き出したときには、宮城県内では、民間に委託し処理が始まっていた。 東京都は、女川町のがれきを、宮城県を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more