テーマ:放射能汚染

「福島で多発!それなのに検査縮小の動きが出てくる「謎」  子どもの甲状腺がんは、今ー」週刊女性

週刊女性(10月25日号-12日発売号ー) 特集「原発は今どうなっているのか」が特集されました。そのWeb版 『週刊女性プライム』をお知らせいたします。  特集(P10)の中で、 「福島で多発!それなのに検査縮小の動きが出てくる「謎」  子どもの甲状腺がんは、今ー」(p2)を書きました。 丁度国会質問をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160907 蔵田さんからのメッセージ

160907 蔵田さんからのメッセージ PDFをダウンロード 青木泰様、勉強会主催の皆様、 藏田計成 20160905 UPLAN 青木泰 埋めちゃう問題勉強会/学校保育園の放射能対策https://www.youtube.com/watch?v=533127mYP4M 三輪祐児さん発信のユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えて座間宮ガレイさん~激おこ選挙勉強会

お世話様です。 4月1日夜、東京三多摩地区ではじめての座間宮ガレイ氏の選挙勉強会が、東村山駅ビルサンパルネホールにて行われます。(添付のチラシ参照) 今年、1月10日の文京シビックセンターでの同勉強会に集まった市民らで作った市民勝手連、「つながる選挙・つなせん北多摩」主催の 「教えて座間宮ガレイさん~激おこ選挙勉強会IN北多摩」です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会計検査院による山本事務所へのレクチャーに向けて    2015年10月25日(日)

会計検査院による山本事務所へのレクチャーに向けて    2015年10月25日(日) 326政府交渉ネット 青木泰 はじめに 東日本大災害によって、壊滅的な打撃を受けた被災3県。この復興を掲げて25兆円の復興資金が計画され、現在まで22兆円が予算立てされた。 この予算は、被災地の復興や避難者への支援を願い、国民が期待していた育児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡提訴と安倍が守ろうとするもの 2015年5月15日  環境ジャーナリスト 青木泰

高岡提訴と安倍が守ろうとするもの                   2015年5月15日  環境ジャーナリスト 青木泰 < 前置き >  安保法制関連の法案が、昨日5月14日に閣議決定され、今国会に提出される。丁度その前々日高岡で住民訴訟の提訴が行なわれました。安倍内閣による法案提出の説明は、反安保の世論の中で米国との同盟関係を結んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6・20講演シンポジウム <避難住宅打ち切り撤回>―復興資金を被災地、被災者に戻せ!―

6・20講演シンポジウム            <避難住宅打ち切り撤回> ― 高まる資金流用への批判― 復興資金を被災地、被災者に戻せ!―        被災地や被災者・避難者への支援復興のために予算立てされた復興資金が、全国の市町村の清掃工場のごみ焼却炉などの建設補助金として使われています。 本年5月12日、富山県高岡地区広域圏事務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡提訴と安倍が守ろうとするもの 環境ジャーナリスト 青木泰

復興資金流用化問題で、富山県高岡地区広域圏事務組合(高岡市、小矢部市、氷見市)3市の住民が、 復興資金から同組合の焼却炉建設費の補助金として、総額71億円を支給したことに対して、返還を求める住民訴訟を起こしました。 今回の提訴の対象とした金額は、23億円ですが、そのニュースをお届けいたします。 高岡提訴と安倍が守ろうとするも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の甲状腺がん117人ー被ばく影響を否定する大罪!? 福島の切り捨てに手を貸す御用医師たち 

月刊誌『紙の爆弾』6月号に下記小論を書きました。 (5月7日全国書店で発売)ご案内いたします。 環境ジャーナリスト 青木泰 子供の甲状腺がん117人ー被ばく影響を否定する大罪!? 福島の切り捨てに手を貸す御用医師たち 今回私は、3つの問題意識のもとにこの小論を書きました。 一つは、福島の健康調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.2タチアナ講演シンポジウム報告 専門家が被ばくによる影響を語るまで待てばよいのか!? 

3.2タチアナ講演シンポジウム報告 専門家が被ばくによる影響を語るまで待てばよいのか!?  ―被ばくによる影響を隠す専門家会議に科学的批判―                                2015年3月18日   東京実行委員会事務局 「今、チェルノブイリの28年を経て、日本・福島の皆さんに伝えたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指定廃棄物を焼却する実証事業―鮫川村で爆発事故 2013年9月9日 環境ジャーナリスト 青木泰 

 指定廃棄物を焼却する実証事業―鮫川村で爆発事故  「爆発」事故を隠す環境省に抗議を         2013年9月9日  環境ジャーナリスト 青木泰   8月29日、環境省の管轄・責任の下で進められている指定廃棄物の焼却による福島県東白川郡鮫川村にある実証事業の最中、爆発事故が起った。周辺の住民からは、地響きを立てた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

729ティモシー・ムソー講演会報告 放射能の影響 生物界に異変

729ティモシー・ムソー講演会報告            20130731 放射能の影響 生物界に異変          729東京実行委員会 事務局  青木泰  <概要>  ティモシー・ムソー教授の講演会は、強い雨の中200名余の方が駈け付け、「チェルノブイリから福島へ―ツバメなど小動物が教えてくれたことー」の講演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書

がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書 PDF版             1) がれきの広域化に託けて、市町村の清掃工場の焼却施設などの廃棄物処理施設の整備事業費への補助のための循環型社会形成推進交付金が、従来の通常枠に加え、復旧・復興枠で支給されている。その狙いと理由を明らかにしていただきたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原環境大臣 責任を問われる仰天答弁 2013年6月26日  環境ジャーナリスト青木泰

復興資金の流用化に居直る   石原環境大臣 責任を問われる仰天答弁           2013年6月26日  環境ジャーナリスト青木泰    PDFは↓をクリック PDF版  がれきの広域化は、被災に2県の内、9割を占めていた宮城県発が、2012年度(2013年3月末)で終息し、岩手県発も大半が終息した。その中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130302 富山県 住民監査請求書案(提出版) doc

住民監査請求書                (富山県職員措置請求) 富山県監査委員殿 1.請求の趣旨 富山知事に対して、がれき広域処理に関する違法もしくは不当な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を差し止め、当該契約を是正することを求める。 2.請求の概要  1)富山県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130223 岩手県への住民監査請求書(案) 提出版 

住民監査請求書 岩手県監査委員殿 1.請求の趣旨 岩手県知事に対し、がれきの広域処理に関する違法な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を防止し、当該契約を是正することを求める。 2.事実経過 1)岩手県が結んだ広域化委託契約とその内容 (1)岩手県と大阪府、大阪市との広域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県住民監査請求に対する「監査結果」について   2013年2月18日 青木泰

宮城県住民監査請求に対する「監査結果」について    2013年2月18日  環境ジャーナリスト 青木泰  平成24年11月29日に行った「がれき広域処理」に関する違法で不当な契約締結と公金支出に関する「監査請求」に対する「監査結果」が、1月25日付で請求者に届けられた。(請求人は、宮城県民の高橋良・森田真実両氏)  監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130214 がれきの最終決着を目指す全国交流集会を終えて

がれきの最終決着を目指す全国交流集会は、2月12日13時から17時半まで行われ、交流会Ⅰ部(基調報告と全国からの報告)、記者会見、交流会Ⅱ(追加報告と提案、議論)を行い、メディア関係者や議会関係者を含め、全体通じて約50名弱の皆さんが参加しました。(東京新聞で報告されました。添付PDF参照) 集会は、がれきの広域化が破たんしつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―静岡集会に向けてのコメントー 「音を立てて崩れつつある広域化政策」 環境ジャーナリスト 青木泰

―静岡集会に向けてのコメントー 「音を立てて崩れつつある広域化政策」 環境ジャーナリスト 青木泰 1)がれきの全国広域化の終焉 ① 概略 がれきの全国広域化は、その9割を占めていた宮城県発が終息することが1月10日発表され、岩手県発も埼玉県への持ち込みは、昨年末終息し、静岡県への持込みも終息することになり(1月22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がれき広域化の破たんと今後の課題 2013年1月   326政府交渉ネット 青木泰

がれき広域化の破たんと今後の課題 2013年1月        326政府交渉ネット 青木泰 これまでがれき問題に係わり、昨年3月26日には、政府交渉ネットとして環境省交渉を行った。この1年を振り返り以下ご報告する。 1)史上初(!?)国の政策を破たんに追い込んだ住民活動 放射性物質に汚染された可能性の高いがれきを全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ー広域処理の妥当性と住民監査請求― 震災がれきの広域処理と自治体の責任    青木泰

ー広域処理の妥当性と住民監査請求― 震災がれきの広域処理と自治体の責任        2012年12月27日    青木泰 1. 広域処理問題における国の関与と、自治体の責任 1) 被災自治体に処理責任 震災がれき(震災廃棄物)は、廃棄物処理法上は、事業者が処理責任を負う産業廃棄物を除き、一般廃棄物として定義される。 市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民監査請求書

         住民監査請求書 宮城県監査委員殿 1.請求の趣旨 宮城県知事に対し、がれきの広域処理に関する違法な公金の支出に対し、地方自治法第242条の第1項に基づき住民監査を行い、当該行為を防止し、当該契約を是正することを求める。 2.事実経過と請求の理由 1)宮城県は、昨年7月29日に、石巻ブロック(石巻市、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の情報特版NO7 ― 見えてきたがれき広域化の違法構造 -

緑の情報特版NO7 ― 見えてきたがれき広域化の違法構造 - 100万トンの「木屑」が消えた。 2012年12月7日 環境ジャーナリスト  青木泰 PDF版はこちら PDF 100万トンもの木屑が忽然と消えてしまった。昨年9月の契約時点で、115万トンあるとされた宮城県石巻ブロックの震災がれきの中の木屑が、今年9月の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

―がれきの広域化を巡る情況― 宮城県に続き岩手県も実質崩壊。

―がれきの広域化を巡る情況― 宮城県に続き岩手県も実質崩壊。           2012年9月27日 環境ジャーナリスト 青木泰   1. 工程表に示された宮城県の状況 1) 残るは、北九州市と東京都  宮城県の6~7割が、石巻ブロック(石巻市、女川町、東松島市)のがれき、東京都、北九州しは、この石巻ブロック。 *全量鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の情報特版NO6   違法を重ねる広域化と未来につなぐそのチェック

緑の情報特版NO6   違法を重ねる広域化と未来につなぐそのチェック           2012年9月14日    青木泰 1.宮城県のてんまつ 9月10日宮城県は、北九州市と8月31日に結んだ委託契約(注1)に基づき、仙台塩釜港から船積し、9月17日に北九州市は、違法に燃やす予定だ。 1)議会手続きを無視した宮城県の違法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more