テーマ:ニュース

「引き裂かれた『絆』―がれきトリック、環境省との攻防1000日」 発刊

お世話様です。下記「引き裂かれた『絆』―がれきトリック、環境省との攻防1000日」が、本日 全国書店で販売されます。ご案内いたします。(拡散歓迎) 【注文票はこちら】 3月11日で、東日本大震災ー原発事故後、4年になります。どの大手メディアも一斉に、被災地に目を向け、 被災地の復興の遅れ、被災者の生活や、避難者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014.01.01 迎春 二〇一四年元旦

迎春 二〇一四年元旦 おどろなる水をくぐりて鮎育つ 泉                           原発の再稼働、消費税、秘密保全法、そして靖国参拝。核保有まで見つめた官僚独裁国家に突き進む安倍政権。取り組まなければならない被災地の復興や避難者への手当てに背を向け、逆に資金流用する官僚たちの退廃。被曝による影響が確実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年9月25日 がれき広域化の闘いから見えたもの(Ⅰ) : IWJメルマガ

IWJメルマガ がれき広域化の闘いから見えたもの(Ⅰ)   破綻したがれき広域化と復興資金の流用     2013年9月25日 環境ジャーナリスト 青木泰 <概要> 今年7月17日、H25年度も広域化は必要だと、受け入れ表明してきた大阪、富山などが前倒しして、終息することが発表された。富山は7月末に終了し、大阪は8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

729ティモシー・ムソー講演会報告 放射能の影響 生物界に異変

729ティモシー・ムソー講演会報告            20130731 放射能の影響 生物界に異変          729東京実行委員会 事務局  青木泰  <概要>  ティモシー・ムソー教授の講演会は、強い雨の中200名余の方が駈け付け、「チェルノブイリから福島へ―ツバメなど小動物が教えてくれたことー」の講演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

130214 がれきの最終決着を目指す全国交流集会を終えて

がれきの最終決着を目指す全国交流集会は、2月12日13時から17時半まで行われ、交流会Ⅰ部(基調報告と全国からの報告)、記者会見、交流会Ⅱ(追加報告と提案、議論)を行い、メディア関係者や議会関係者を含め、全体通じて約50名弱の皆さんが参加しました。(東京新聞で報告されました。添付PDF参照) 集会は、がれきの広域化が破たんしつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎春―年頭にあたって、 がれき問題の現状と今後に向けて 環境ジャーナリスト 青木泰

迎春―年頭にあたって、 がれき問題の現状と今後に向けて 2013年1月3日       環境ジャーナリスト 青木泰 1昨年からがれきの問題に取り組み始め、昨年1月に「空気と食べ物の放射能汚染」を出版し、その後1年講演会・学習会に全国の皆様からお呼びいただき、その先々で情報交換会を開催させていただき、そこで得た情報をその都度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎春 二〇一三年元旦

迎春 二〇一三年元旦 火の神に燭を捧げて炭を焼く 泉                           この1年、震災がれきの広域化は「列島に放射能汚染を広げるな」との全国の住民活動が実を結び、多くの地域で受け入れを頓挫させました。環境省の広域化は復興資金の流用化だったことも分かり、導入された地域の撤回が目前の課題となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more