青木泰のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書

<<   作成日時 : 2013/07/01 15:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書

PDF版
           

1) がれきの広域化に託けて、市町村の清掃工場の焼却施設などの廃棄物処理施設の整備事業費への補助のための循環型社会形成推進交付金が、従来の通常枠に加え、復旧・復興枠で支給されている。その狙いと理由を明らかにしていただきたい。

2) 循環型社会形成推進交付金を復旧・復興枠の名目で支給された自治体には、事業費から交付金額を差し引いた残余部分に対し、特別交付金が支給されている。その狙いと理由を明らかにしていただきたい。

3) 上記1)及び2)についての法令上の根拠を明らかにしていただきたい。

4) 上記1)及び2)についての支給された自治体名と、交付金額を明らかにしていただきたい。

5) 環境省は、環廃対120315001号「循環型社会形成推進交付金の復旧・復興枠での交付方針」によって、交付金を支給する方針を示しているが、そこに記載されている内容は、2点「条件が整えば災害廃棄物の受け入れが可能」「受け入れを行った他の既存施設で処理を予定していたものの受け入れが可能」と言う条件である。この方針に照らした時、今回復旧・復興枠で交付された自治体は、それぞれこの通知内容のどの点に該当して、交付金支給を決めたのか?お答えいただきたい。

6) 循環型社会形成推進交付金は、今回通常枠と復旧・復興枠の2通りが作られた。通常枠でのH24年度の当初予算での金額は、どのようなものであったのか?自治体とその名目を付けて明らかにしていただきたい。また予算成立後の金額、変化があったか?あったとしたらどこの自治体でのケースか?

7) 6)に関連して、復旧・復興枠の予算は、すでに環境省が予算として持っていた復興予算から充当したと考えられるが、どのような名目と予算化手続きを行って予算化したのか?

8) その際環境省が示した環廃対120315001号「循環型社会形成推進交付金の復旧・復興枠での交付方針」に沿わない事例については、予算の根拠を失うと考えられるが如何?

9) 市町村から排出された一般廃棄物の処理は、当該市町村の処理事業であり、循環型社会形成推進交付金は、この処理事業に対して、環境省が補助する交付金事業である。従って事業主体はあくまで当該市町村にある。そのように解釈してよいか?

10) 7)に関連して、通常枠か復旧・復旧枠かの選択は、事業主体者たる当該市町村に選択権があると考えられるが、そのように考えてよいか?

11) 循環型社会形成推進交付金(通常枠)について、予算化にあたっての手続きの流れについて伺う。
@ 焼却炉やリサイクル施設、処分場施設等の廃棄物処理施設の整備計画を一般廃棄物処理基本計画として立案
A 上記計画に基づき、住民同意、環境アセス、都市計画決定等の用件をクリアー
B 市町村から都道府県を通しての申請
C 市町村自身が予算化
D 環境省の本予算案上程
E 予算案の決定による内示通知
F 内示を受けて市町村で入札による業者決定
G 市町村による事業実施
H 環境省から交付金の決定と支給
上記のような流れと考えられるが如何?

12) 堺市のケースは、今回の場合、環境省の本予算案では、循環型社会形成推進交付金の「通常枠」として予算化していたのか?それとも「復旧・復興枠」として処理し「通常枠」での予算化を行っていなかったのか?環境省の内示決定の堺市への通知は、「通常枠」での決定か「復旧・復興枠」での決定通知だったのか?あわせて応えていただきたい。

13) 今回の堺市の事例を見ると、堺市は、環境省への循環型社会形成推進交付金の申請は、H24年1月から2月にかけて、環境省からの問いかけに対して、合計3度にわたり、「通常枠」と答えている。環境省は、循環型社会形成推進交付金の内示決定において、堺市に「復旧・復興枠」で申請するように指示している。この事実に相違ないか?

14) 13)に関連して、その際環境省は、堺市が「受け入れについてご検討いただいている状況にあることから」と通知し、「復旧・復興枠」の対象とした判断根拠としているが、何を持って「受け入れについてご検討いただいている。」と判断したか明示していただきたい。

15) 広域処理が行われなかったケースについて、環境省は「受け入れ条件の検討や被災地とのマッチングを実施したものの広域処理が行われなかった場合でも、交付金の返還義務が生じるものではありません。」と記載している。「受け入れ条件の検討」や「被災地とのマッチング」は具体的にどのようなことを示すのか?

16) 15)に関連し、堺市が、受け入れ条件の検討を行い、「否」と判断する可能性も有していることを示しているが、にもかかわらず、「交付金の返還義務が生じるものではない。」と環境省は返答している。その妥当性を聞く。

17) 今回の堺市の事例を見ると、堺市から「循環型社会形成推進交付金(通常枠)」の申請が行われているのに、環境省は、「循環型社会形成推進交付金(復旧)・復興枠」での予算化を行っていると考えられる。これでは市町村が主体とする事業への環境省からの交付金の支給と言う法令的前提を欠くことにならないか? 中央省庁による予算執行と言う今回のケースを良しとする法令的根拠を示していただきたい。

18) この堺市の事案に対し、過日の参議院環境委員会(H25年6月13日)では、平山誠議員の質問に、堺市が自らがれき受け入れの要望を出したかのように「政府参考人」梶原成元環境省リサイクル対策部長は答弁している。しかしこれは環境省が全国の自治体に行った事前の調査であり、自治体によっては、がれきの受け入れ可能量を答えたのではなく、焼却施設の余力の状態を答えただけと答えている東京都のような事例もある。がれきの受け入れを検討するというものではない。当該市町村が申請を行っているかどうかの議論が行われている時に、この答弁は、実に紛らわしい作為的な答弁である。実際には13)でも示したように、堺市は、「循環型社会形成推進交付金(通常枠)での申請を行っている。石原大臣はこの答弁に同意し、堺市が自らの意思でがれきの受け入れを申請したかのように誤解し、質問を事実誤認と答えているが、訂正するつもりはあるか?

19) こうした要望書を事例にし、議員の質問を事実誤認だと決めつけ、事実誤認の質問には答弁しないと答えている。これについての環境大臣の釈明を求める。

20) 富山県高岡市のケースでは、がれきの受け入れを行ったのは、高岡市の清掃工場の焼却炉であり、「循環型社会形成推進交付金(復旧)・復興枠」での交付金が支給された対象自治体と対象事業は、「高岡広域圏事務組合」の現在建設中の焼却炉整備(建設)(稼働H26年9月稼働)である。「高岡広域圏事務組合」なぜ「循環型社会形成推進交付金(復旧)・復興枠」の交付金8億円が支給されたのか?また「高岡広域圏事務組合」の構成市、高岡市、氷見市、小矢部市の3市にこの焼却炉の建設に関連した特別交付税合計10億円が支給されたのか?理由と法令的根拠を伺う。

21) 参議院環境委員会(H25年6月13日)での平山誠議員の質問に、環境省から「政府参考人」梶原成元環境省リサイクル対策部長が、高岡市が受け入れ、なおかつ今後「高岡広域圏事務組合」に建設される焼却炉でがれきを受け入れると答え、大臣も同意しているが、がれきの受け入れ事業は当初計画の段階でもH26年3月31日までの事業とされており、H26年9月稼働の焼却炉でどのように受け入れを行うというのか?釈明を求める。

22) 今回の環境省の「循環型社会形成推進交付金(復旧・復興枠)」を使った交付金の支給は、堺市、高岡市の事例でみるように違法な復興資金の流用と言える。会計検査院の指摘を受けるまでもなく、違法・不当な支給については、直ちに返還を求め、環境省の通常枠からの補てんを行い、復興資金の流用は止めるべきと考えるが如何?

23) 今回のケースは、前政権が計画したものとはいえ、交付金の支給は、石原環境大臣になって行ったものである。交付金の支給にあたっては、補助金等適正化法に照らして、適法に合理的に事業が行われているかを判断して支給する必要がある。その責任をどのように取るのか伺う。

24) なおがれきの広域化を進める事業として堺市の事例はあった筈であるが、環境省と堺市とのやり取りでは、環境法の関心はもっぱら「循環型社会形成推進交付金」の通常枠から復旧・復興枠への切り替えであり、がれきの処理を依頼するということがなかったように思う。事実か?

25) 大阪は今年2月1日から富山については、4月26日からがれきの持ち込みが始まった。がれき広域化の9割を占める宮城県発のがれきの終息がすでに1月10日に発表され、岩手県発も埼玉県、静岡県への持ち込みは終息乃至、終息が発表されていた。そうした中でなぜ大阪や富山にがれきを持ち込んだのか?実際に必要性があったのか?

26) 堺市や高岡市の経過を考えた時、「今後はがれきを受け入れた所に限る」そのようなことから終息過程であるにもかかわらず大阪、富山に持ち込んだのは、がれきを受け入れたというアリバイつくりのためではないかと言う疑問にどのようにこたえるか?がれきの広域化が本当に必要だったのか?数字的な根拠を示していただきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がれきの広域化に関連する復興資金の流用問題に関して質問主意書 青木泰のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる