青木泰のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑の情報特版 前書き

<<   作成日時 : 2012/07/09 16:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

「緑の情報特版」の報告は、北九州市の市民検討委員会の調査グループとしての報告ですが、
内容は、宮城県は、石巻ブロック(石巻市、女川町、東松島市)で発生したがれき680万トンを
鹿島JVに事業委託しながら、同じがれきを北九州に持ってゆこうとしていたという問題です。

すでに環境省で当初見込んでいたがれきの量の下方修正が、今年5月21日に行われ、広域化は、必要ないのではという報告も出されています。 注1


今回は、そうした中で、宮城県が鹿島JVに委託していたがれきを、2重にカウントし、北九州に持ってゆこうとしていたという重大疑惑です。
たとえて言うと宮城県という男性が、鹿島JVという女性とすでに結婚しながら、北九州という女性に独身を装い、結婚詐欺を働こうとしていたということです。

宮城県は、昨年の9月16日に鹿島JVと石巻ブロックのがれ(&津波堆積物)の処理契約を結んでいます。
つまり石巻ブロックのがれきは、鹿島JVに処理権限が移っています。
にもかかわらず、そのがれきを宮城県が、広域処理の一貫として北九州に持ってゆこうとしていたということです。

鹿島JVと締結したがれきの処理費は、国から補助支給されます。その一方で、同じがれきを北九州などに広域化すれば、その処理費用も国から支払われることになります。宮城県は、処理費用を2重に国から巻き上げることになり、弁護士によるとこれは詐欺行為に当たるということです。

この石巻ブロックには、女川も入っていて、東京都も関連する問題です。
女川関係については、現在調査・整理中ですが、北九州関連については、下記のようにご報告いたします。


またこの間がれきの総量が大幅に削減された中で、宮城県は、鹿島JVとの契約量すらがれきを提供できない状態にあり、そのまま放置し、契約改定(処理量&契約金)しなければ、鹿島JVが何もしないで約数百億円の契約金を入手することになっていました。
この点について6月19日段階で宮城県に取材したところ、契約変更を行っていませんでした。すでにがれきの総量の見直しが、約一ヶ月前に行われている中で、契約の変更すら行っていないのは、まったく驚くべき怠慢です。
素はと言えば、環境省ががれき総量を大幅(1570万トンの内430万トン下方修正)に読み間違っていたことが、原因ですが、広域化政策のずさんさに加え、詐欺行為をなぜ行おうとしていたのか?

がれきがない中で、鹿島JVと契約していたがれきを北九州に持ってゆくことは、可能なのか?
順次報告してゆきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑の情報特版 前書き 青木泰のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる