青木泰のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川横須賀市西コミュニティセンターでの講演会(11月28日)報告。

<<   作成日時 : 2012/02/06 12:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月28日横須賀市長坂にある西コミュニティセンターで、「震災がれき焼却灰の受け入れをめぐってー自分で考えるために知っておきたいこと」という講演会が、芦名地域を中心にしたお母さんたちの主催で行われ、当日75名の大人と25名の子供が参加した。

保育室や集会場の後ろのスペースに子供たちの遊ぶ場書を作っての生活感あふれる講演会だった。私は講師としてお話をさせていただく機会を設けていただいた。



 子育て真っ最中のお母さんたちは、ママ友仲間の井崎浩子さんの呼びかけに答え、なれない講演会の開催に踏み切ったのは、井崎さんだけでなく、がれき問題を少しでも知っておきたいという共通した気持ちがあったからという。

放射能汚染されたものの危険性やそのようながれきを埋め立てた時にどのような危険性があるか県からの十分な説明がないまま、事態が進行することに、少しでもがれきについて知っておこうという気持ちが働いたという。

 1月15日神奈川県による大楠連合町内会へのがれき受け入れの説明会が行われたが、参加者の保育の体勢もなく、子育て真っ最中のお母さんにとって、参加もかなわない説明会だったという。

 神奈川県のがれき受け入れは、政令指定都市3市−横浜市、川崎市、相模原市でがれきを焼却したうえで、焼却灰を横須賀市の芦名にある最終処分場に埋め立てるというものである。

 神奈川県の芦名にある最終処分場=「かながわ環境整備センター」は、処分場ができるときに大楠町内会受け入れ協定を結び、@県内のもの A産業廃棄物に限るという協定を結んでいる。

 この協定を県が尊重し、守られるならもちろん今回の震災がれきは、県外のものであり、一般廃棄物であるため、受け入れ不可となる。

 町内会のこの協定がある限り、震災がれきの埋め立てはできない。しかもこの横須賀の処分場の焼却灰の受け入れが行われなければ、3市ががれきを受け入れ燃やすことができなくなる。

 神奈川県が受け入れを可とするかどうかのかなめの位置を占めるのが芦名の動向である。

 神奈川県黒岩知事は、脱原発―自然エネルギーの普及、200万戸の屋根に太陽光発電の設置を掲げて昨年4月の選挙で当選した知事である。知事の公約は住民との信頼関係を築くことなしには実現は不可能である。

 ところが、黒岩知事は、今回のがれき受け入れ提案に当たり、受け入れ方針を出す前に、住民と相談することもなく、受け入れを決め、住民には「相談」ではなく「説明」を行うという従来型の行政対応を取った。

 説明文書には、がれきの受け入れは、被災地の復興に不可欠という一方的な説明が並んだ。

 また15日の説明会で知事自身が答えられなかったことが出たため、20日の説明会には、放射線の専門家である東大の教授と岩手県の職員を呼んだ。

 物事の正確性を期すために、専門家や当事者を呼ぶのだとしたら、がれきの焼却や埋め立てで迷惑を受ける住民や市民、そして当事者である町内会の推薦者を説明者として配置し、公平さを期すべきだったろう。

 都知事のように受け入れ方針を勝手に決め、住民説明会にすら出てこないというのは論外として、このような形の住民との相談会を開催してもらいたい。

 その時子育て中のお母さんたちの参加もできる等に、保育体制や多数の参加者からの質問や意見が十分にできる時間設定なども必要になると考える。


 28日の集会の中では、私は、当面する神奈川県の問題というよりは、次のような問題を報告した。(詳細は、ネットで流してくれています。)

@ がれきは、被災地地元での受け入れを進め、全国の自治体で受け入れは、有害物質の処理の原則として間違っている。

A 放射能汚染地図を見た時、宮城、岩手も汚染が激しいところがあり、被災地だ無いとその見分けができない。

B 被曝限度量を考えた時、1msv/年ということであり、内部被曝には閾値がないため、空気と食べ物による内部被曝は避けなければならない。

C 空気と食べ物という点で、国が取ってきた施策は、汚染の影響を防止するとは、対極である。とどめるとは対極の方針であり、

D 国の安全性を担保してきた「バグヒィルターで99.99%放射背物質を除去できる」が「根拠レス」(東京新聞1月29日)であり、またさまざまな規制値が整合性がなく、だぶるスタンダードになっているため、立法処置が難しい。


 以上のような方向を提案し、質疑に入って行った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神奈川横須賀市西コミュニティセンターでの講演会(11月28日)報告。 青木泰のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる